お知らせ

2019.03.28

宣伝について

過払い金の期限

過払い金の請求期間は10年という風に定められているため、どんなに、返済していたとしても、この期間を超えてしまうと、過払い金が帳消しになってしまうという点は特に注意をしておく必要があるという風に言えるのではないかと考えられます。過払い金がこのようにして生まれるようになってしまった理由を考えれば、90年代などに自分自身の生活基準よりも非常に高額なものを、購入することができるような機会が増えてきたため、結果として、手軽に買い物を一時的にすることが可能になるクレジットカードが流行したということは間違いなく言えるでしょう。そのような中で、クレジットカードが果たす役割は年々増してきている、という風に入れており、会社側もこれに味をしめて金利を非常に高く設定することで利用者を囲い込もうとするような動きが見られていることは、致し方のないことであるという風に言えるかもしれません。それでもなお、利用者の動きは決して衰えることはなく、むしろ増える傾向にあるということは、とても驚きの事実である、という風に言えるのではないかと、考えられるわけです。グレーゾーン金利を放置し続けてしまった結果、このように、利息が上がり続けてしまい、過払い金を返済しなければならない事態を招いてしまっているという点については、反省をする部分もあるのではないかと、考えられるわけです。クリーンな面から言えば、金利を高く設定することで、返済を困難とする状況にある人は、借りられないというような状況を作り出すことができたという点においては、メリットがあったのかもしれませんが、結果的には多くの人が手軽に手を出しやすい状況が続いてしまっているという風に言えるでしょう。