お知らせ

2019.03.28

宣伝について

過払い金のトラブル

過払い金を巡って、利用者と消費者金融の間でトラブルが生じるだけではなく、利用者と司法書士は、弁護士の間でトラブルが生じるというケースが多く起きているようです。最近では、インターネットやテレビやラジオなどのメディアの広告などで、過払い金の請求はどこどこの事務所まで、というようなコマーシャルが撃たれることも多く、認知される機会が非常に増えているということは間違いないわけですが、高額な報酬を支払う必要があったり、するということが、後で判明したりしたことによって、大きなトラブルを招いているというようなケースがあるというふうに聞いたことがあるような気がします。このような場合であると、事前に知らされていないような金額を支払うことになってしまったようなケースで、裁判沙汰になるようなケースが少なくないという風にも聞いたことがあるような気がします。最初に設定されている報酬以外に、必要な金額がある場合には、どれくらい必要なのかということを、事前に確認しておくことが、何よりも重要であるという風に言えるのでは、ないでしょうか?一般的には、このような場合においても、被害者を救済する会などが発足しているため、そのような会などに相談をしてみるのも、一つの手であるかもしれません。多くのクレジットカード会社などから、一斉に高い金額を借りている場合などには、トラブルが重なった結果、自分自身でパニックになってしまうような人もいるため、積極的に過払い金トラブルを扱う民間団体などに相談するなどして、一つ一つの債務を積極的に解消しておくことを目指していくことが、重要であるという風に言えるのではないかと、考えられなくもありません。トラブルを未然に防ぐということが重要でしょう。